« 続・カブトムシ事情 | トップページ | 夏の能登 »

2007年8月 1日 (水)

石見銀山レポート

さて、先週出張でまた島根県に行ったのですが、ちょっと時間があった(無理矢理つくった)ので、ずっと行ってみたかった「石見銀山」に行ってきました。今回は先月の「宮島 」に続く世界遺産の第二弾ということでこの「石見銀山」についてです。

「石見」("いわみ"と読みます。)とは、島根県の西部の地名。この石見銀山は先月登録されたばかりの日本で14番目の世界遺産で、アジアで初の産業遺産だそうです。
何でも大航海時代に日本を「黄金の国:ジパング」と言わしめたその基にもなっているようで、当時の世界の銀産出量の約3分の1を占めていたとか。

Annai


まずは案内板から(笑)。

この山と山で働く人々の生活の街、そして銀を運ぶための港までの道と港すべてがそのエリアとなっています。




到着してすぐは位置関係やそのスケールを知らなかったのでどこに行けば見ることができるのかわからず、現在唯一入る事のできる坑道跡に着いた時にはもう終了していましたが、その雰囲気だけでも是非どうぞ。

Yama


山の麓の駐車場から。
この左奥山の裏にメインの山があります。


Kawa



この銀山川沿いに道が整備され、途中まで車でも行けます。


Mabu
銀を採るために掘られた坑道を「間歩(まぶ)」と言うそうで、全部で約600の間歩があり、これが現在唯一公開されている「龍源寺間歩(まぶ)」。

間歩の入り口からの冷気が出ていて白く曇ってますね。まさに天然エアコンです。入りたかったです。


Machi


昔ながらの町並みは麓の駐車場からすぐのところにあります。



さらに山の上まで歩けば精錬所跡や集落跡もあるそうですが、時間の関係(あくまでも出張なので...)で今回は断念しました。もう少し涼しくなったらゆっくり山道を歩くのもいいですね。

その後、銀の積出港でもあった温泉津へも行きましたが、さすがに指の負傷もあり、熱い温泉には入りませんでした。(翌日指にビニール袋を巻いて違う温泉に入ったのはナイショ。)

そこで、今年の我家の夏休みツアーは世界遺産第三弾として「熊野古道」に決定しました!今回もエリアがとても広いのですべて廻ることはできないと思いますがもまたレポートしようと思います。

|

« 続・カブトムシ事情 | トップページ | 夏の能登 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
まさか、石見銀山見るために、無理やり「出張」を作ったわけではないですよね・・(^_^;)

投稿: ちゃわん | 2007年8月 1日 (水) 22時23分

こんばんは!
ちゃんと黒板に「石見銀山散策」って書いて行かれましたか~(笑)
石見銀山っていう名前初めて聞きましたが、世界遺産なんですね!?(゜O゜;)オォ
間歩の中を歩いてみたいですが、風穴みたいなものなんでしょうか・・・
第三弾も期待してます(^-^)ノ

投稿: Chadie | 2007年8月 1日 (水) 23時01分

ちゃわんさんこんにちは。

また再来週に行くのですが夏休みで混雑してると思い
今回「無理矢理」行ったのは事実です。
あと、飛行機2便も早くしたのはナイショです。

投稿: 3by3 | 2007年8月 2日 (木) 16時32分

Chadieさんこんにちは。

石見・・・の・・・は小さく書いておきました(笑)。
6月に登録されたばかりのホヤホヤ遺産です。
間歩の壁は当時掘ったノミの跡がいっぱいでした。

第3弾は予定通り来週末に行く予定です。

投稿: 3by3 | 2007年8月 2日 (木) 16時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87933/15941872

この記事へのトラックバック一覧です: 石見銀山レポート:

« 続・カブトムシ事情 | トップページ | 夏の能登 »